納税ナビ

相続税の納税額に関係する土地の評価額で知っておくことは?

被相続人の相続財産については、亡くなった時の時価に対して相続税の納税額が計算されて課税されます。 この時価という考え方は、今すぐ換金したらいくらになるかというもので、現金は当然のこと株式などはその時の時価は分かりやすいのですが、土地などの不動産については大変です。 それは実際にその土地を売買するわけではないのに、いくらで換金できるかを調べなければならないからです。 そこで国税庁では誰でも簡単に計算できるようにと財産の評価額を工夫して、土地の評価については路線価に沿って計算することを可能にしました。 (さらに…)

投稿者:edt 投稿日時:
納税ナビ

相続税の納税額の計算について知っておきたいことは?

被相続人から遺産を引き継いだ時に、その引き継いだ財産に対して課される税金が相続税というものです。 法定相続をはじめとして遺言で財産を引き継ぐなどにより、相続財産や贈与財産を引き継いだ人は、それに課せられる相続税を納める義務があります。 また、親族以外の人であっても贈与財産を引き継いだ場合であれば、相続税の納税金額をきちんと計算して納める義務があるのです。 (さらに…)

投稿者:edt 投稿日時:
納税ナビ

相続税の納税に伴う申請で必要となる書類は?

相続税の納税申告書には第1表から第15表までありますが、その全てが必要になるケースは珍しくて通常は一部を利用するのです。 一般的に必要とされる書類としては、取得財産の価額・法定相続人の数・配偶者の税額軽減額など、相続税の納税額計算で必要な金額を記入する第1表相続税の申告書があります。 また、課税価格の合計額から遺産に係る基礎控除額を控除した課税遺産総額を記入する第2表相続税の総額の計算書や、配偶者の税額軽減の適用を受ける人が記入する第5表配偶者の税額軽減額の計算書というのもあるのです。 (さらに…)

投稿者:edt 投稿日時:
納税ナビ

相続税の納税証明書が必要になることも考えられる

納税証明書というのは納税をしていることを証明するための書類で、納付すべき税額・実際に納付した税額・未納や滞納となっている税額などが記載されています。 つまり、税金についてきちんと納税したことや、その金額を証明する書類であって、税金を納税したら税務署から納税証明書の発行が受けられるのです。 これは相続税にも言えることで、相続税をきちんと支払ったことを証明する必要がある時などには、税務署から納税証明書をもらえばそのまま使用することができます。 (さらに…)

投稿者:edt 投稿日時:
納税ナビ

相続税の納税金額がどの程度になるのか?

被相続人から財産を相続する場合には、相続税を納付することになるので納税金額がどの程度になるのかは気になります。 ただ相続については法定相続だけではなくて、遺言制度と言って被相続人が生前に遺産の行方を指定することも可能です。 また、遺言がなくて法定相続分の通りに相続しなければならないわけではなくて、遺産分割協議という相続分を話し合いで決めることもできます。 いずれの方法にしても、どの程度の財産を相続するのかが決まったら、相続税の納税金額を計算しなくてはならないのです。 (さらに…)

投稿者:edt 投稿日時:
納税ナビ

相続税の納税猶予制度というのはどのようなもの?

農地相続に対する納税猶予制度と非上場株式を相続した時の納税猶予制度が、相続税の納税猶予制度としてあります。 農地などを相続した場合の相続税納税猶予制度というのは、相続税を納税するために農地を手放したり、細分化したりすることを防ぐ目的です。 (さらに…)

投稿者:edt 投稿日時:
納税ナビ

相続税法の納税地の定義を理解しておく必要がある

被相続人が亡くなることにより財産を取得した相続人は、その遺産に係る課税価格の合計額が基礎控除額を超える場合には相続税を納付する義務があります。 その為、相続開始を知った日の翌日から10ヶ月以内に、納税地の所轄税務署長に相続税の申告をして、納付しなければならないのです。 租税に関して納税地というのは、納税者と国や地方公共団体との間にある法律関係の結びつきを決定する場所のことを指します。 ですから、納税者からすると申告・申請・請求・届出・納付・その他の行為の相手方となるべき税務官庁になるのです。 また、承認・更正・決定・領収その他納税者に対する行為の主体となる権限を有する税務官庁を決定する基準なるとも言えます。 (さらに…)

投稿者:edt 投稿日時:
納税ナビ

相続税の納税期間を守らないと追徴税が課される

被相続人が亡くなって相続財産を取得する相続人には相続税の納税義務があって、その相続があることを知った日の翌日から10ヶ月以内に申告書を提出しなくてはなりません。 また申告書の提出期限と同様に、相続税の納付を税務署をはじめとして、金融機関や郵便局の窓口で行わなければならないのです。 (さらに…)

投稿者:edt 投稿日時:
納税ナビ

相続税の納税の仕方と遅れると課せられる追徴税

相続税は基本的に現金一括で納付するもので、納税期限は被相続人が亡くなったことを知った日の翌日から10ヶ月以内と定められています。 納税期限までに納めなかった時には追徴税がかかるので、相続人は相続税の納税の仕方を抑えておく必要があるのです。 まず相続税の納税の仕方として知っておく必要があることは、納税は税務署だけではなくて金融機関や郵便局の窓口でも可能になっていることです。 また、納税の仕方としてスケジュールも抑えておく必要があります。 (さらに…)

投稿者:edt 投稿日時: