相続税は基本的に現金一括で納付するもので、納税期限は被相続人が亡くなったことを知った日の翌日から10ヶ月以内と定められています。
納税期限までに納めなかった時には追徴税がかかるので、相続人は相続税の納税の仕方を抑えておく必要があるのです。
まず相続税の納税の仕方として知っておく必要があることは、納税は税務署だけではなくて金融機関や郵便局の窓口でも可能になっていることです。
また、納税の仕方としてスケジュールも抑えておく必要があります。

相続税の納税の仕方につながるスケジュールですが、被相続人が亡くなったら最初に死亡届の提出など様々な手続きを済ませる必要があるのです。
また相続税の納税額を計算するために、相続財産の権利関係を明確にすることが必要で、そのため被相続人が残した財産や誰が法定相続人になるのかを調査します。
被相続人が亡くなった日までの所得税の申告をするための準確定申告を被相続人が亡くなった日から3ヶ月以内にする必要があるのです。

それから大体亡くなってから4ヶ月以内を目安に、相続人同士で各相続人の相続財産の権利を明確にする話し合いの遺産分割協議を行います。
これで自身の所有する相続財産の権利が明確になったら相続税の計算をして、現金一括で納付する準備をすることになるのです。

先にも触れましたが相続税の納付期限に遅れると追徴税が課されて納税額が高くなってしまいます。
そうした追徴税が課されないための納税の仕方として、延納と物納というのがあるので知っておくと役立ちます。
税務署に延納を申請すると納税額を数年に分けて分割払いで支払うといった納税の仕方をすることができるのです。
ただ相続税額が10万円を超えている、一括納付することができない状態にある、延納税の総額に当たる担保を提供するなど延納の適用条件というのがあります。
延納を行っても相続税を納税できない方を対象に、有価証券や不動産など換金価値のある財産で相続税を支払う物納というが納税の仕方も認められているのです。

カテゴリー: 納税ナビ